主婦の不倫・浮気体験談ブログ

主婦・人妻・ママが不倫・浮気をしてしまった体験談を紹介しています。そして、彼氏が欲しいなと思っている主婦・人妻・ママ向けに彼氏の作り方を紹介しています。

彼氏は癒しを与えてくれる・・パート先で出会った年下男性と交際中!

結婚して5年目の34歳主婦です。

子供はまだいなくて、仕事は週に2日くらい、知り合いの飲食店でバイトをしています。

在宅でも仕事をしているので忙しいですが、時々、友人とランチや買い物を楽しんでストレス発散しています。

不満というほどではありませんが、旦那はあまり他人の気持ちを汲むタイプではなく、会話がかみ合わないことがよくありました。

年々その精神的ストレスがひどくなり、話し合いではなく喧嘩になってしまうので、このままでは自分の心が砕けてしまうと感じたのです。

もしも、もっと私の考え方を受け入れ、一緒に考えてくれる男性がいるなら、彼氏になって欲しいと考えました。
一時的なシェルターが欲しいという感覚で、本気で付き合おうとは考えていなかったし、お互いにニーズが合えば交際したいなという感じだったのです。

 

でも、そう簡単に心を許せる相手はいないし、ましてや既婚者ですから、きちんと秘密を守ってくれるタイプを探すのはひと苦労でした。

もう彼氏なんて見つからないかなと諦めかけていた頃、バイト先に20代後半の男性が新しく加わり、一緒に働くことになりました。
以前は他県に住んでいて、飲食店の店長をしていた経験があるらしく、とてもハキハキして元気の良い男性です。

偶然、彼とシフトが被ることが多く、暇な時間帯はお喋りをしながら作業をしていて、少しずつ彼に気持ちが傾いていきました。
ただ、既婚者である私が彼にアプローチしてもフラれると思ったので、この気持ちは隠そうと決めていました。

ところが、たまたまシフトの休みが同じだった日に、彼が「もし予定がなければドライブに行きませんか?」と誘ってきたのです。
どんな気持ちで誘っているのだろうと疑問に思いながらも、楽しそうな気がしたので行くことにしました。
自宅から少し離れた駅前に迎えに来てもらい、買い物をしようということで、市内のほうまでドライブをしたのです。

久々に旦那以外の男性と出かけて、ドキドキ感が止まらず、彼が何を考えているのかとても気になりました。
デートに誘ってくれた理由を聞くと、会話していると楽しいし、同性代よりも年上の女性が好みだからという返事でした。
年上の人妻好きなのかと思うと、何だかガッカリした気分になりましたが、彼は可愛いし、それでもいいかなと割り切って考えることにしたのです。

その後も、周りにバレない程度にシフト調整を行い、月に1回くらいデートをする仲になりました。
1度目はドライブと買い物デートをして、その次は映画を観て、3回目のデートは一人暮らしをしている彼の家に遊びにいきました。
普段あまり自炊しないと言っていたので、私が食事を作り、彼は嬉しそうに食べてくれて嬉しかったです。
若いからどんどん食べてくれるし、美味しいと派手にリアクションしてくれるところが、とても可愛いなと感じてときめきました。

そして4回目のデートは、私の誕生日が近かったため、プレゼントをしてもらって感激しました。
私が大好きなブランドのお財布で、色や形が今持っているものと似ているので、旦那にバレずに済むよう気を遣ってくれたのです。
そういう細かな気配りができる彼なら、秘密やルールを守りながら交際できるのではないかと、その頃から密かに考え始めるようになりました。

しばらくして年末にバイト先の人達と忘年会があり、周りは独身の人が多いので、私に「結婚ってどんな感じ?」などの質問をされました。
当然、彼もその場に同席していましたから、答えたくなかったのですが、無視するのも良くないので、適当に返事をするようにしたのです。
その帰り道、彼と私は同じ方向でしたから、2人で駅まで歩いていると、彼が「結婚とか関係なく付き合って欲しい」と告白されました。
関係ないことはないだろうと思いながらも、懸命に気持ちを伝えようとする彼が可愛くて、私は思わず「いいよ」と返事したのです。

年末年始は休みがなく、その後は彼としばらくデートできなかったのですが、年が明けてまとまった休みがもらえた時、また彼の家に遊びに行きました。
その時はもうお互いに好きという気持ちが通じ合っていたので、食事をしてDVDを観てから、まったりとした二人だけの時間を過ごしました。

体だけの関係になるかもしれないと覚悟していたけれど、彼は人妻としてではなく、彼女として扱ってくれることに幸せを感じたのです。
電話やメールをする時間帯もしっかり守ってくれますし、かといって、それを苦に感じない器の大きさももっている人です。

付き合い始めてから半年くらい経って、彼は他の店で働くことになったので、今はあまり連絡をとっていないですが、時々デートの誘いはあります。
同じ店で働いていた時よりも、周りの目を気にせずに付き合えるので、今のほうが距離感があって気楽な関係になりました。
割り切って付き合っていますから、彼に好きな人ができたり、彼女ができれば別れると思います。
でもそれまでは、時間が許す限り彼と会って、幸せな時間を過ごしたいなと願っています。

主婦の私がパート先で体験した浮気・不倫の実体験

37歳、夫と2人暮らしの主婦です。結婚して8年になります。
子どもが欲しかったのですが、なかなかできなくて。病院で調べたところ、夫に不具合があると判明。でも、それなりに夫婦生活も円満だし、それならそれでいいかなと思っていました。
そんな円満だった夫婦生活に亀裂が走ったのは、昨年のことでした。
夫の浮気が発覚したのです。相手は、職場の後輩の女性のようでした。たまたま開いていたパソコンの画面に、2人のデートのもようを振り返るメールのやりとりがバッチリと公開されていたのです。
私が問いただすと、夫はしどろもどろになり、やがて逆ギレしました。私は、”これはダメだ”と思い、それから「家庭内別居」の日々が始まりました。
その半年ほど前に、私は不動産会社でパートを始めていました。経済的に困っていたことはなかったのですが、子どももいないなか、専業主婦を続けていくことがとても退屈に思えて仕方がありませんでした。
若い男女の社員も多い職場で働いていると、自ずと自分も若返っていくような気がしました。社内の飲み会も月に2、3度開かれ、私もずうずうしくも参加しては、一回り以上も下の若者の皆さんと楽しい時間を過ごしていました。

ある日の午後、社内の人々はほとんど出払っている状況でした。
ふと見ると、私が割り当てられているデスクの下に一つのUSBメモリーが落ちていました。
水色のUSBメモリー。私はそれを拾い上げ、”いったい誰のだろう”と思いながら、私に貸与されているパソコンに差し込み、データの中身を確認したのです。
「メモ帳」のデータの、「禁断の夜」と題するデータが目に留まりました。何の気なしにそれをクリックしました。
コーヒーを飲みながらその内容を読んでいくうち、私は固まってしまいました。
それは「エロい小説」でした。そして、そこに出てくる人妻の名前は、私と同じ「美津代」。そして男の名前は「義広」。
「義広」とは、職場にいる27歳の男性と同じ名前でした。
その小説のストーリーは、人妻・美津代がパートとして勤める会社で、年下の男の社員と不倫関係になり、いやらしい行為を繰り広げるというものでした。
私は、ふだん真面目に働いている彼の姿を思い浮かべながら、あの彼がこんなにいやらしい小説を書いたのだろうか、と疑問に思いました。
私はそのUSBメモリーを抜くと、彼の机の上に置いておきました。午後に彼が帰社した後、それはなくなっていました。

私は独り寝の布団で、その小説のことを思い出しました。ふだん、にこやかに、少しおどおどしながら話している彼が、実はあのような、濃厚な、いやらしい官能小説を書いていたとしたら……。しかも、私と同じ名前の女性がその中に出てきて、いやらしいことの限りを尽くすのです。
私はその時、夫に浮気された悔しさと、積りに積もった欲求不満が心の底でうず巻いていました。
そして、いつも真面目に仕事にとりくんでいる彼を突然、男として意識するようになってしまいました。
ある日、職場で彼と2人きりになる時間がありました。彼はふだんと変わりなく、笑顔で私に接してきます。私は内心、”本当は私にとてつもなくエロい想いをもっているくせに”と思い、自然と体を熱くさせていました。そして、話の流れで、「今度飲みに行こうよ」と口走ってしまったのです。
一瞬、きょとんとした表情の彼でしたが、次の瞬間、うれしそうに「ぜひ」と声を震わせて言いました。

週末。彼と居酒屋へ。それほど酒は弱くない私ですが、酔ったふりで、カウンター席隣の彼にしなだれかかりました。
話は早いです。彼が私を欲しがっていることは、とっくに分かっているのですから。
彼もドギマギしながらも、体を寄せてきて。

お店に入って約3時間後、私たちは近くのホテルのベッドの上で、裸で絡み合っていました。
「欲しかったんです……すごくしたかったんです……」
彼は、小ぶりだけどすごく感度のいい私の乳首を舐め回しながら言いました。確かに、彼の自作の小説にも、私の乳首を執拗に舐め回すという表現があったっけ。
私は感じながら、彼に訊きました。「私のどこがいいの?……」
「ふつうなところ……ナチュラルなところ……そこにエロさを感じます……」
“旦那にも気づいてもらいたい”と思いながら私は、彼の両手に自分の手を合わせて力を込めました。
その後も、彼は私のあらゆるところを舐め回してきました。力強く脚を開かされ、強奪するように舐められたときは悲鳴さえあげてしまいました。まるで「拷問」。でも、気持ちいい「拷問」。旦那にもこんな風にしてもらいたいたい、というようなやり方でした。
「好きなの? 好きなの?」「大好きです……ずっとずっとしたかった……」
愛されるって楽しい、嬉しい。そんなことを再確認しながら、私は彼に責め続けられました。
帰りの時間を気にしながら、彼とひとつになりました。彼はたてつづけに3回、果てました。

彼と浮気した後、突然、夫が求めてきました。
私は彼との余韻が残っていたし、夫の浮気のことは許せず抵抗がありましたが、流れで、恋人時代のように抱かれました。
以来、夫は、びっくりするような頻度で求めてくるようになったのです。何か、動物的な本能で、私が誰かに奪い去られることに不安を抱いたのでしょうか。
でも私は、今も彼との密会を続けているのです。

パート先で年下男性との浮気・不倫体験談

私は44歳、夫と2人の娘との4人暮らしです。結婚16年目になります。
昨年より、娘たちの教育費の足しにしようと、不動産の会社でパートを始めました。
短大卒業後から結婚するまで不動産関係の会社で働いていた私は、宅建の資格も持っており、正規の社員として勤めに出たいと前から思っていましたが、夫が遠距離通勤をしているために、今のところパートで我慢しています。
夫は、いわゆる「仕事人間」ですが、家庭を顧みないというほどのレベルではありません。たまの休日には家庭サービスに精を出してくれます。家事を手伝ってくれたり、娘たちの勉強を教えてくれたり、満点に近い父親であり夫です。
実を言うと、夫とはセックスレスです。もうかれこれ5年以上になると思います。夫はもともと淡白なほうで、私自身も奥手なタイプでした。互いにセックスレスに不満を抱いているわけではなく、気がついたらそんな関係になっていました。夫婦というより兄妹のような感覚でしょうか。
そんな、セックスに対する執着が薄かった私をすっかり変えてしまうような出会いが昨年、あったのです。
相手は、パートとして勤める会社の若い社員の男の子でした。大学を出て2年目、真面目に仕事に取り組む子でした。
彼は正規の社員で私はパート。しかし、仕事のスキルは経験上、私のほうが積んでいたこともあって、何かと彼を導く場面が多くなりました。彼も母親ほど年が離れた私に、気軽にアドバイスを求めてきました。
そのうち私は、他の社員の方々と同様、彼ともLINEでやり取りをするようになりました。
ある日の夜。たまたま、夫が出張に行って不在の日でした。
彼からLINEが届きました。「フラれました~」と彼。想い続けていた女の子に告白したところ、断られたのだというのです。
とりあえず私は「若いんだから、気を取り直して!」みたいに励ましましたが、「あす、仕事に行く気力がありません…」と返ってきました。
LINEではやりとりが大変なので、彼に誘導されるまま、ネットのチャットへ移り、パソコンのキーボードをたたきながら、彼を元気づけました。
これが運のつきでした。
その夜以来、夫が不在の夜になると私は、彼とのチャットに興じるようになったのです。
ほとんどのやりとりが他愛のないものでしたが、時々、仕事の悩みを相談されることもありました。
夫に隠れての若い男性との夜のチャット。これ自体、妻として許されないことだったのかもしれませんが、私は当初、昼間は耳を傾けることができない彼の悩みを聴いて励まそうとしたのです。
しかしそのうち、彼とのチャットへの甘い期待が加わるようになりました。
彼が入力してくる言葉には、性的なものが含まれるようになりました。
彼は、「私さんは、胸は大きくないけど、お尻が大きい」とか「僕的にはストライクです」のような言葉を打ち込んでくるようになりました。
昼間、毅然と仕事に取り組んでいる者同士の、秘密のやり取りは、お互いの気持ちを高ぶらせました。
後から彼が言っていたのですが、彼は私がパートを始めた時から、密かに好意を抱いていたとのこと。夜のチャットも彼の策略だったようです。私はそれに簡単に引っかかってしまいました。
彼が次々と打ち出してくる、甘く刺激的な言葉に、私は心も体も熱くし、あろうことか、「彼に抱かれたい」と思うようになりました。
夜のチャットを始めてから10日ほどたった土曜日の午後。彼の部屋で私たちは結ばれました。
会社ではあれほど、真面目で物静かな彼ですが、2人きりになると豹変しました。私を悦ばせようと、全身を愛してくれました。夫にもそんなことはされたことはありません。
いつも優しくしてくれる彼ですが、時に乱暴に、荒々しく私を扱うこともあります。私は自分が彼の玩具になったような気がしますが、彼が歓ぶならどうされてもいいとさえ思います。最近では、彼を歓ばせたいと心から思い、その通りにしている自分に驚かされます。
親子ほど年が離れているのに、彼には手取り足取り、セックスを教えられました。
最初の日、「経験豊富なのね」と言うと、「ネットの動画で研究しています」と彼。私ぐらいの年代の女性のAVも最近、人気があるといい、彼もそうした「熟女」が出てくるAVをよく観るのだそうです。彼にとって本当に私は「ストライク」だったようです。
依然、夫はよき父親でありよき夫ですが、今も私を求めてきません。以前は、女として、少しは求めてきてほしいと思うこともありましたが、今は、求めないでほしいと思います。
若い彼との関係が続いている限り、夫とはセックスできそうにありません。それに、夫が求めてこないからこそ、彼と会っていることへの自分への言い訳が成り立つのです。
彼の将来のためにも、私のためにも、私の家族のためにも、いつかこの関係は清算しなければならないとは分かっていますが、今は考えられません。
「罪深い女」だと自己嫌悪に陥ることがありますが、若い彼との濃密なセックスは、そんな自己嫌悪をも消し去ってしまうほどの魅力があります……結局、私は罪深い女なんですね。

結婚生活に刺激が欲しいなら彼氏を作る

主婦の私でも恋愛がしたい

ちょっとした不倫をしてみたい

彼氏を作ってドキドキしたい

大人の恋愛をもう一度してみたい

という主婦のあなたにオススメなのが大手優良出会い系【PCMAX】が一番です。

 

料金システムは男性有料・女性無料で利用することができますので、気軽に男性と出会うことができます。

アフィリエイト

PCMAXをオススメするポイント!

①女性は無料で利用できる!

②個人情報管理が徹底しているので絶対に外部流出がない

PCMAXはセキュリティ対策は業界トップクラスです。

悪質業者や悪質ユーザーの排除を徹底しているため、主婦の女性でも安心・安全で利用できます。

③雑誌やテレビでも紹介される人気サイト!

shufulove_pcmaxbook2

shufulove_pcmaxbook1

PCMAXは主に女性誌を中心に掲載しているんですが、ひとつくらいは本屋さんで見かけたことがあるんじゃないですか?悪質出会系アプリなら有名雑誌に掲載なんて100%できませんよ。

3分で簡単に登録できる方法

1.PCMAXのトップページ
PCMAXにアクセスすると直下が登録フォームになります。
性別にチェックフラグを付け、「ニックネーム」「暗証番号」「生年月日」などの必要項目を入力します。
入力が完了したら『無料会員登録』をタップします。
2.電話番号確認
※アフィリエイトのご紹介では多重登録・不正登録防止の為、電話番号認証が必須となっています
案内に従い、表示されている電話番号をタップし、発信します。
音声ガイダンスから「電話番号の確認が完了しました」と返答がありましたら『次へ進む』をタップします。
登録完了画面に移りますので、さらに『次へ』をタップします。
3.アピール文章入力
アピール文章を入力します。
入力が完了しましたら『次へ』をタップします。
4.メールアドレス登録
次にメールアドレスの登録を行います。
『次へ:空メールを送信する』をタップしますと、メール起動に切り替わるので空メールを送信します。
送信が完了しましたら『PCMAXを始める』をタップします。
5.登録完了
以上でPCMAXへの登録が完了となります。

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

【主婦向け】2017年彼氏がいる主婦が使っているサイト

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

運営歴15年以上の優良出会い系サイト

ブロック機能や悪質ユーザー通報機能なんかもついててもはや業界のスタンダードです。
年齢認証はちょっと面倒ですが、スマホでの使いやすさが抜群。

しっかり「出会い系サイト規制法」を遵守して運営されているので安心です。

ハッピーメール

密かに人気です。こちらも老舗出会い系サイトです。

ちょっと若いユーザーが多いので、若い男性と出会いたい方はこちらも登録をオススメします。

ワクワクメール

出会い系アプリで最も安全なのはワクワクメールです。

大元が老舗サイトですので、しっかり「出会い系サイト規制法」を遵守しています。


通報機能やブロック機能など安心サービスを業界で一番早く取り入れたのもこちらです。

他のサイトは年齢認証などが面倒ですが、ワクワクメールの公式アプリなら面倒な手続きはありません

Copyright© 主婦の不倫・浮気体験談ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.