主婦・人妻・ママが不倫・浮気をしてしまった体験談を紹介しています。そして、彼氏が欲しいなと思っている主婦・人妻・ママ向けに彼氏の作り方を紹介しています。

主婦の不倫・浮気体験談ブログ

不倫体験談

夫の職場の部下に誘われ、禁断の不倫関係へ。。。

更新日:

49歳の主婦です。結婚して26年になります。
子どもは3人いますが、それぞれ独立していますので、今は夫と2人で暮らしています。
夫は8歳年上で、ある会社の専務の職に就いているため、会社の方やその関係の方の結婚のお世話をさせていただくことも多く、夫婦で媒酌人を幾度となく務めさせていただきました。

しばらく前に私たちが仲立ちをして結婚した人で、夫の会社の関連会社に勤めるEさんという方がいます。奥さんとなったが夫の会社の受付嬢をしていた子で、付き合い始めて3カ月ほどで結婚されました。
しかし、結婚直後から、2人の間に不協和音が聞こえ始め、しばしば、双方から夫や私に悩みの相談があるようになりました。その都度、私たちは「時間が解決するから」となだめてきましたが、性格の不一致はますます顕著になる一方だったようで、もはや修復不可能というところまでいったようです。

これから綴るのは、そんななかでのことです。2年前の話になります。
土曜日のその日、Eさんが転勤した先から新幹線に乗って、離婚問題について「相談に乗ってほしい」と訪問してきました。夫は出張先から戻る予定で、先にEさんが我が家について待っていました。ところが、折からの台風の襲来によって夫が乗っていた新幹線がストップしてしまい、その日は帰宅できないことになりました。
わざわざやって来たEさんは待ちぼうけの身となりました。時間も夜の10時近くになってしまっており、私は泊まっていくよう勧めました。我が家には私以外に、末の息子が当時いたので問題はないと思いました。

Eさんも、ホテルを探して移動するのも大変だと思ったのでしょう、「お言葉に甘えて」と言って、泊まることになりました。
上の子どもたちが使っていた2階の部屋が空いていたので、Eさんにはそこに寝てもらうことにしました。Eさんは疲れていたのでしょう、その部屋に行き、眠りについたようでした。
私は残った家事を終え、入浴すると、12時前に1階の寝室で床につきました。

夢うつつの状態だった私はふと目覚めました。部屋の中に気配がします。私は、息子が部屋に何か取りに来たのかと思い、息子の名を呼びました。しかし、返事がありません。私があらためて「誰」と声をかけると、「すみません」と。Eさんの声でした。
私はびっくりして飛び起きました。そして「何かしら」と聞きました。Eさんは「ほんとにすみません」と。
私は事態が飲み込めず、「どうしてここに?」と聞きました。Eさんはしばらく沈黙した後、「もう、どうしていいか分からなくて」とつぶやきました。「彼女のこと、愛しているんですが、その愛をぶつけようがないんです」とも。Eさんの奥さんが、職場で知り合った男性と不倫関係にあるということは、事前に聞いていました。
私は、「お気持ちはわかるけど、きょうのところは、寝たほうがいいわよ」と諭すように言いました。しかし、Eさんはその場を離れませんでした。
しばし、互いに押し黙ったまま時間が過ぎていきました。

私が部屋の電気を点けようと立ち上がろうとしたときです。Eさんが私に抱きついてきたのです。私はベッドに押し倒されてしまいました。
私は必死に抵抗しました。しかし、物音をたてて、2階にいるであろう息子が起きて来てはいけないと思い、努めて静かに抵抗しました。それをいいことに、Eさんは大胆にも私のパジャマの前をはだけさせ、乳房を露わにすると、舌を這わせ始めたのです。
私は気が動転したまま、息子に知られてはいけないという一点でじっと耐えていました。
Eさんの愛撫は積極的で、巧みで、私の毅然とした心を翻弄しました。

私は乳首を舐められ、ショーツの中に手を入れられてまさぐられながら、数時間前に夫の帰りを暗い顔で待っていたEさんのしょんぼりした姿を思い返していました。
Eさんは、子どものときに相次いで両親と死別し、祖父母に育てられたそうです。さらに、大学に入る前には唯一の肉親である祖父母も亡くなられ、天涯孤独になってしまったとのこと。そんななか、やっと巡り会えた結婚相手とも破局を迎えそうになっているのですから、まったく可哀想だと思いました。

私はEさんに「ちょっと待って」と声を掛けました。2階のほうが気になっていたのです。私はあっけにとられたEさんから離れて、2階へと上がり、末の息子の部屋が消灯されていることを確認すると、寝室に戻りました。

「気持ちは強くもってね」。私の言葉にEさんは「はい」と小さく返事すると、再び私に挑んできました。
かつて新郎と媒酌人だった2人が、裸で抱き合っていました。新郎だったEさんは、私のことを、新婦のように愛し始めました。
「本当は、薫さんのような人がタイプだったんです」。Eさんの赤裸々な告白に、私は体が震える思いがしました。自然とEさん自身に手が伸びてしまいました。それはすっかり濡れていました。
私にとって、久しぶりの営みでした。Eさんもそうだったのでしょう。燃え盛る激情を激しくぶつけあうようなひと時となりました。
「これは、何かの間違いだから……過ちだから……わかるでしょ、ねぇ、Eさん……」
私はそんなことを低い声で口走りながら、Eさんにしがみついて抱かれていました。
私も信じられないぐらいに感じていました。結婚以来、初めて、夫以外の男性に抱かれているというのに、夫のとき以上に乱れ、貪欲になっていました。

その後、Eさんは、なんとか奥さんとの仲を修復しようと努め、離婚は回避されました。
奥さんは不倫していたことをEさんに謝罪し、新たな気持ちで夫婦生活を再スタートすることを誓ったそうです。

一方で、Eさんと私は、今も密かに逢瀬を重ねています。Eさんが出張で来るときは、ホテルで密会し、愛し合っています。
新郎と媒酌人の不倫。そんな話は聞いたことが無かったですが、今、自分たちがそれを行っているのです。Eさんの奥さんには心から申し訳ないと思います。しかし、Eさんからは離れられそうにありません。

【主婦向け】2017年彼氏がいる主婦が使っているサイト

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

運営歴15年以上の優良出会い系サイト

ブロック機能や悪質ユーザー通報機能なんかもついててもはや業界のスタンダードです。
年齢認証はちょっと面倒ですが、スマホでの使いやすさが抜群。

しっかり「出会い系サイト規制法」を遵守して運営されているので安心です。

ハッピーメール

密かに人気です。こちらも老舗出会い系サイトです。

ちょっと若いユーザーが多いので、若い男性と出会いたい方はこちらも登録をオススメします。

ワクワクメール

出会い系アプリで最も安全なのはワクワクメールです。

大元が老舗サイトですので、しっかり「出会い系サイト規制法」を遵守しています。


通報機能やブロック機能など安心サービスを業界で一番早く取り入れたのもこちらです。

他のサイトは年齢認証などが面倒ですが、ワクワクメールの公式アプリなら面倒な手続きはありません

-不倫体験談

Copyright© 主婦の不倫・浮気体験談ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.