主婦・人妻・ママが不倫・浮気をしてしまった体験談を紹介しています。そして、彼氏が欲しいなと思っている主婦・人妻・ママ向けに彼氏の作り方を紹介しています。

主婦の不倫・浮気体験談ブログ

不倫体験談

平凡な主婦の私が体験した。出会いそして贅沢な温泉旅行

投稿日:

平凡な主婦の私が体験した。出会いそして贅沢な温泉旅行

37歳・主婦・東京

結婚してかれこれ10年の時が経ちました。残念ながら、これまで私たち夫婦は子宝に恵まれず。私は平々凡々な主婦として暮らしてきました。

思い起こせば、旦那との出会いは、よくある友人の紹介。

当時27歳の私は、周りの友人が次々結婚していくことに影響を受け、何の疑問もなく自分もその道へ。

彼は、とても生真面目で、仕事大好き人間。これって、妻からしたら本当は喜ぶべきことですよね。

でも、仕事ばかりで、私には興味がないみたい。私、女として見てもらえてないんですね。

私だってまだ現役の女。37歳です。

抱かれたい。寂しい。身体はうずきます。

そんな心の叫びを見透かされたかのように、ある出会いが訪れました。

私たち夫婦は、いつの間にやら寝室は別になっていました。

旦那の帰宅は午前様。先にベッドについている私を起こすのは申し訳ない、とかいう理由だったのか。いつからだったのか。

もはや思いだせません。

旦那に、抱いてほしい、なんて言う空気は、すでにありません。

見渡してみれば、私と同じ年でも、独身の友達は、自分のお金を自由に使えて、しっかり自分磨きしています。

ファッショナブルな洋服や、エステに美容院。ツヤツヤしたお肌。

時々会うと、なんだか引け目を感じてしまう。

37歳。私はおばさん。彼女は現役の女性、お姉さん。

私も、現役の女になりたい。

男性を熱くさせたい。抱きたいと思わせたい。

そんな欲望を胸に抱え。夜ひとりで、いつものように悶々とネットサーフィンしていたところ。

あるブログに惹きつけられました。

「おじさまと箱根の露天風呂付の旅館で。温泉も懐石料理も。そ・し・て・夜も。サイコウ」

読み進めると、どうやらブログの彼女は私と同じ既婚者みたい。

サイトで出会った素敵なおじさまとの旅行デートを楽しんでいる様子です。

私自身、を持て余していた私。

私も体験してみたい。

ブログに引き込まれていきました。

彼女は、PCMAXという出会い系サイトを利用しているらしい。

そうして、複数の男性との出会いを楽しんでいるらしい。

私の指は、すでにサイトにアクセス。

見てみると、女性は全て無料だとか。

しがない主婦の私にとって、絶好の条件です。

メル友、恋人の募集から、大人の関係など。

それぞれの目的ははっきりしています。

早速検索してみました。

男性の年齢は40代後半から、この際60代以上までにしようかな。

パソコンの画面に広がるのは、まるで宝の山。

大人の遊び方を知っているおじさまたちが勢ぞろい。大人の男性なので、お金も時間もありそうです。

私も出会いたい。

私は、鼻息荒く、自分の情報を書き込みはじめました。

スタイルはややぽっちゃり。年齢は30代後半。このあたり、正直に書きました。

ぽっちゃりのアラフォー。そのままの私を、女として愛してくれる人と出会いたいから。

恥ずかしいのですが、この際なので、思い切って。

「大人の男性に癒されたい」「非日常を体験させてほしい」と書き込みました。

胸が爆発しそう。顔が熱い。返事はくるのだろうか。

不安をよそに、すぐに思った以上に反響がありました。たった2時間で、5人の男性から返事が。

やったあ。

その中で、私は、舘ひろし似のダンディーなおじさまに一目ぼれ。

プロフィールは「50代後半、会社役員、身長175~179センチ、ややスレンダー。会社経営。」

経営者たるもの、社員の前では常にトップを意識しています。

プライベートでほっとする瞬間が欲しくて登録したそうです。

「いつもの自分ではなくなるような、そんな魅力的な女性を探しています。」とのメッセージ。

早速、連絡してみたところ「良ろしければ、お食事しませんか。」と。

高鳴る鼓動がシンとした部屋に響きます。

トントン拍子に、ディナーしましょうということになり、麻布で会うことに。

旦那には「友達と食事に行く」と軽い嘘。

期待と不安が入りまじり、逃げてしまいたい衝動にかられます。

そこに現れたのは、舘ひろし似のダンディーなおじさま。

身に着けているスーツやカフスはどことなくおしゃれで上品です。目の奥には鋭さと、そしてエネルギーを感じます。

彼は、フレンチレストラン・エルブランシュというお店を予約してくれていました。

高級レストランです。

こんなところ、来たことない。

旦那は私をこんなところにエスコートしてくれたことない。

何をどう選んでよいものやら。メニューを見て戸惑う私。

彼はさりげなく察知してくれて、気負わずに行きましょうと優しく声をかけてくれました。

本田さん、という彼。この近くで会社を経営しているとのこと。

同い年の奥様ともう結婚して家を出た息子さんがいるらしい。

仕事柄いつも緊張しているから、たまにこうして日常を忘れて女性と楽しみたいんだ、とほほ笑んでいます。

一方、私は見たこともないシャンパンやフォアグラに心ときめきます。

気づけば「美味しい、こんなの初めてです」を連呼。ちょっと恥ずかしいと我に返った私ですが。

そんな私の姿が、彼には逆に新鮮だったみたいで。

「社員や妻は、あなたみたいに喜んでくれないよ。嬉しいな。これからもっと色々なところに連れて行ってあげたい」って。

その日はこの食事だけで別れた私たち。

でも。私の中にはすでに熱いものが芽生えていました。

恋?

はるか昔に忘れていた感情です。

本田さんは会社経営者。落ち着いていて、その行動や決断はとても早い。

スケジュールが空くやいなや、私を素敵なディナーに誘ってくれる日々がしばらく続きました。

彼との優雅なひとときを重ねるにつれ、私は自分自身を見つめるようになりました。

自分磨きをはじめて、髪や肌のツヤ、瞳の輝きをも取り戻しました。

3回目のディナーの後、彼からの誘いが。

「今度は、もっと非日常に君を連れて行ってあげたい。2日間くらい時間はある?」とメールが来ました。

旅行。

旦那になんて言って出ようか。思案しましたが。

結局「週末、ちょっと久しぶりに実家に帰ろうかな」と言ったところ、すんなりと「うん」の返事。

そもそも旦那は私に興味などなかったのでした。

今の私にはこの状況がありがたい。

自宅から少し離れたところで待ち合わせしました。

彼は、BMWで迎えに来てくれました。

スイスイと車を走らせ、到着したのは箱根。

強羅花壇という由緒正しき温泉宿です。

入り口を入ると、暗めの間接照明。歩くのは湯けむりの小道。

現実世界ではないような雰囲気にのまれます。

到着した和室には優しい灯りだけ。そして、奥にはプライベートの露天風呂。

なんだかぼーっとしてしまった私。

エスコートするように本田さんが、優しく私の腰に手をフィットさせ。

軽いキス。

この後は、温泉で楽しもう。と。

一緒に露天風呂へ入りました。恥ずかしくて目を開けていられません。

彼は私を力強く抱きしめてくれます。

お風呂から上がると、タオルで私の全身をそのすみずみまで包み込むように拭いてくれて。

私、大切にされてる。私、女として見られてる。

嬉しい。

気づけば、そのまま、彼と体を重ねていました。

それまではまだ、私の中に現実世界が残っていました。自宅のこと、旦那のこと。

けれども、行為が始まると、身も心も溶けていく。

現実をすっかり忘れて没頭してしまいました。

何度となく絶頂を迎えた夜。

後にも先にも、旦那とは絶対に味わえないものです。

贅沢でエロティックな大人の夜。

彼とのお付き合いは今も続行中。もう何か月になるのでしょうか。

PCMAXで見つけたこの素敵な出会いを。もうしばらく味わっていたいと思っています。

【主婦向け】2017年彼氏がいる主婦が使っているサイト

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

運営歴15年以上の優良出会い系サイト

ブロック機能や悪質ユーザー通報機能なんかもついててもはや業界のスタンダードです。
年齢認証はちょっと面倒ですが、スマホでの使いやすさが抜群。

しっかり「出会い系サイト規制法」を遵守して運営されているので安心です。

ハッピーメール

密かに人気です。こちらも老舗出会い系サイトです。

ちょっと若いユーザーが多いので、若い男性と出会いたい方はこちらも登録をオススメします。

ワクワクメール

出会い系アプリで最も安全なのはワクワクメールです。

大元が老舗サイトですので、しっかり「出会い系サイト規制法」を遵守しています。


通報機能やブロック機能など安心サービスを業界で一番早く取り入れたのもこちらです。

他のサイトは年齢認証などが面倒ですが、ワクワクメールの公式アプリなら面倒な手続きはありません

-不倫体験談

Copyright© 主婦の不倫・浮気体験談ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.