主婦・人妻・ママが不倫・浮気をしてしまった体験談を紹介しています。そして、彼氏が欲しいなと思っている主婦・人妻・ママ向けに彼氏の作り方を紹介しています。

主婦の不倫・浮気体験談ブログ

不倫体験談

想像もしなかった甥からの告白、そして愛撫を受けて

投稿日:

48歳の主婦です。結婚して22年になります。電力会社に勤める夫は単身赴任、一人息子も地方の大学に通うため、一人暮らししています。
今、私は、甥とただならぬ関係に陥っています。甥は弟の子どもです。
いけないこととは承知しています。しかし、もはや後戻りできないほどの状況になってしまっています。

弟は若くして結婚したものの、結婚して12年目に奥さんを病気で亡くしました。以来、一人息子を働きながら育てていました。幸いに、近所に母や姉である私が住んでいたために、最大限にサポートしてあげることができました。
弟の一人息子、つまり甥は、小学校5年生の時に母親を亡くし、寂しかったと思います。中学ではいじめられて不登校になり、何とか進学した高校でも周囲となじめず、結局、高校を中退して家に引きこもるようになりました。
母が亡くなった後は、私が、母親代わりとして、面倒をみてきました。しかし、どこまで行っても本物の母親ではありません。甥は常に寂しい、満たされない思いを抱き続けていたのでした。

高校をやめてからしばらく引きこもっていた甥ですが、高校時代の先生の励ましもあって、少しずつアルバイトに挑戦するようになりました。デパートの贈答品の梱包という仕事でしたが、本人なりに真面目にやりがいをもって取り組めるようになったようです。
夕方、仕事が終わると、うちに来て夕食を食べるようになりました。夫も息子もいなくなったので、私としても、一人分の食事を作るのも二人分の食事を作るのも同じですから、かえって、甥が来てくれた方が、気がまぎれると思いました。

実は、甥がうちに来るようになったのは、彼なりの理由かあったようです。
弟が再婚を前提にある女性と交際しはじめたのです。同じ職場に勤める、やはり夫を亡くされた女性の方でした。その女性が週末などに家に来ることがあり、甥としては父親に気をつかって、遊びに出掛けたり、友人の家に泊まったりすることもあったようです。
私もそのあたりを察して、甥をうちに受けて入れてあげていました。

ある金曜の夜のこと。その日も弟の交際相手の人が家に来るとのことで、甥はうちに来ていました。その時、「おばさん。きょうは、泊まっていってもいい?」と訊くので、私は気軽に「いいわよ」と答えました。むしろ、女一人の家よりも、男性がいたほうが心強く感じるものです。
甥は、居間でテレビを観た後、いとこで小さいころから仲の良かった息子の部屋に入って、ゲームをし始めました。
私は食事の後片付けなどの家事を終え、お風呂に入ると、10時すぎには床に就きました。

どのくらい眠ったでしょうか。
何やら違和感を感じて目が覚めてしまいました。ふと見ると、甥が布団の中に入っているではないですか。私はびっくりしましたが、小さいころ甘えん坊だった甥を、息子と一緒に寝かしつけたこともあり、その当時のことを思い出すとともに、「どうしたの。子どもみたいに」と言いました。甥は「子どものときに戻りたい」とポツンと言いました。
私は「戻りたくても、前を向いて大人にならなきゃ」とたしめるように言いました。
すると甥は私の胸に手を伸ばしてきたのです。私はただならぬ雰囲気に手を払い、「こらこら」と言いました。しかし、甥はしつこく触ってきます。触っては払うが繰り返されました。
「そんなことしたら、もううちに来られなくなるわよ」と言っても甥は執拗に触ってきます。
私は根負けして、甥のするようにさせていました。
甥の手は私の胸を揉むように触り、やがて肌着の中に手が入りました。私はとっさに甥を突き離そうとしましたが、意外に力が強く、甥は私の肌着を押し上げて、乳房に吸いついてきたのです。
私は抵抗できないまま、甥に乳房を舐められました。その仕方は、赤ん坊のそれではなく、大人のやり方でした。私は、気持ちのつっかえ棒がとれたようになって、甥の愛撫を受け入れていました。

さらに、裸にされ、体じゅうを愛されました。そんなことになるなんて、つゆとも想像したことはありません。甥のことを、いつまでも子どもだと思っていた私の考えは甘かったのです。大人である私を完全に屈服させるだけのやり方で甥は私を翻弄しました。
やがて甥は私の上に覆い被さってきて、一つになろうとしました。
私はその時、どうかしていたのかもしれませんが、”身内の関係”ということが免罪符になるような錯覚を抱いていました。世間の見ず知らずの人に抱かれるのならまだしも、この母親の愛情に飢えながらここまできた、哀れな甥のために自分の体を供するのなら、神様も許して下さるのではと。
私は戸惑いながらも、甥に抱かれました。甥は果てても果てても、何度も私を求めてきました。

次の朝、目覚めた後も私は甥に抱かれました。あらためて現実を噛みしめる余裕もないほど、既成事実が積み重ねられていきました。
正直に言うと、セックスをしたのは久しぶりでした。数年はなかったのです。そして、最初こそ戸惑いましたが、回数を経ていくなかで、歓びがよみがえっていったのです。

甥は自宅に帰りました。私は「またね」と見送りましたが、内心、”今晩も来てほしい”と思いました。
果たして、甥はやってきました。
食事をして、一緒にお風呂に入って、夫婦のように同じ布団に入りました。まるで当たり前のことのように。

昨晩とは打って変わって、私は開き直っていました。
「本当はいけないことなのよ」「誰にも内緒にできる?」。甥に釘を刺しました。甥は素直にうなずきました。
「どうしておばさんにこんなことしたの?」「前からしたかった」「前っていつごろから」「中学ぐらいの時から。いつも思い浮かべてしていた」
私は驚くとともに、体が火照ってきました。
甥の口元に乳房をもっていくと、激しく舐められました。さらに、すっかり溢れてしまっている下のほうも、甥の指と舌で蹂躙されました。
20歳の甥が別人に見えました。
私は、あらゆる恥ずかしい格好を強いられ、いろんなやり方で感じさせられました。セックスの良さを、よりによって、自分の息子よりも若い甥に教え込まれるなんて。
甥は私をおもちゃのように冷酷に扱い、慰みものにしました。
一滴もしずくが出なくなるまで私を犯しに犯し、最後は稚拙ながら優しいキスをしてくれました。

甥が私に飽きて、ほかの女性に目を向けられるようになってほしいという気持ちと、そうなってほしくないという気持ちがせめぎ合っています。気持ちが落ち着くまで、今のままでいようと思っています。

【主婦向け】2017年彼氏がいる主婦が使っているサイト

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

運営歴15年以上の優良出会い系サイト

ブロック機能や悪質ユーザー通報機能なんかもついててもはや業界のスタンダードです。
年齢認証はちょっと面倒ですが、スマホでの使いやすさが抜群。

しっかり「出会い系サイト規制法」を遵守して運営されているので安心です。

ハッピーメール

密かに人気です。こちらも老舗出会い系サイトです。

ちょっと若いユーザーが多いので、若い男性と出会いたい方はこちらも登録をオススメします。

ワクワクメール

出会い系アプリで最も安全なのはワクワクメールです。

大元が老舗サイトですので、しっかり「出会い系サイト規制法」を遵守しています。


通報機能やブロック機能など安心サービスを業界で一番早く取り入れたのもこちらです。

他のサイトは年齢認証などが面倒ですが、ワクワクメールの公式アプリなら面倒な手続きはありません

-不倫体験談

Copyright© 主婦の不倫・浮気体験談ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.